健康ネットニュース配信所

健康食品を食べて健康と若さを維持しよう。

健康食品の購入と健康被害

2011年9月12日(月) 11:15

健康食品を購入する人は、何らかの目的を持って健康食品を買います。

多くはダイエット目的だと言われています。

様々な健康食品が、実際にダイエットに役立っていると言われています。

人によっては、ダイエットの用の健康食品でダイエットができず、体には健康食品の弊害が出たということもあります。

健康食品に関する法律により、表示や広告で病気の治療効果があるように書いたり、効果を書くことは認められていません。

現行の法律では、健康食品がどのような働きをするかは、体脂肪を減らしたい人向けの商品、といったわざとはっきりしない書き方になります。

栄養素や材料について自分自身で情報収集をすることで、購入すべき健康食品を知る必要があるでしょう。

ですが、健康食品を購入するに当たって、成分や原材料をチェックした上で下調べを済ませているという人はごくわずかです。

店で実物を手に取った場合でもネット情報が参照しやすい場合でも、適当に買うという方が一般的です。

健康被害は、勿論効果のない健康食品を作ったメーカーにも責任があります。

その一方で、商品についてよく知らないままに使ってトラブルがあれば、買った側も無問題とはいえません。

健康食品毎に定められた必要摂取量よりオーバーした飲み方をしたせいでトラブルが起きるという事例は被害全体半分になります。

新しく健康食品を購入する時は、どのような成分が使われているかよく調べましょう。

そして使用回数や量などは正しい使い方を確認してから使うようにしてください。

アーカイブ

カテゴリー

Page Top

Copyright(c)健康ネットニュース配信所. All rights reserved.